クレジットカードの支払い方法と特徴・注意点

クレジットカードでの支払いは現金が手元になくても利用できるため非常に便利です。便利なクレジットカードですが利用したら当然お金を支払う必要があります。この支払い方にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。
・1回払い次の支払い日に購入した金額分を全額支払います。
最も基本的な使い方で分かりやすい支払いシステムと言えます。
1回払いの場合金利手数料はかかりません。
・2回払い次の支払い日に購入した代金の半分を支払い更に次の支払い日に残り半分を支払う方法です。
ほとんどのクレジットカードで利用する事ができます。
2回払いの場合でも金利手数料がかかりません。
支払いを先延ばしにできるうえに手数料がかからないため非常にお得な方法です。
・分割払い代金の支払いを3〜36回程度で割って少しずつ支払う方法です。
支払い回数を増やせば増やしただけ月々の負担が減ります。
一方で分割回数を増やせば増やした分、金利手数料が高くなる特徴があります。
高額商品を購入する際に利用する事が多い分割払いですが手数料についても考えて計画的に利用しましょう。
・ボーナス一括払いカードの指定するボーナス支払い日に一括で支払いを行う方法です。
一般的な会社に勤めているとボーナスを受け取れる事が多く、ボーナスに合わせて一括払いをするという支払い方法になります。
金利手数料もかからないため高額商品の購入によく利用されます。
支払い日は実際のボーナスの支払いに関わらずカード毎に設定されている点に注意しましょう。

・ボーナス2回払いカードの指定するボーナス支払い日に半分を、その次のボーナス支払い日に残り半分を支払う方法です。
ボーナスは年2回支払われる会社が多いことから採用されている支払い方法です。
カードによっては2回払いが利用できないケースがあります。
また金利手数料に関してもかかるカードとかからないカードが存在しています。
利用する前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。
・リボルビング払い通称リボ払いという支払い方法で毎月の支払い額を定額で指定しておきます。
例えば支払い額を月2万円に指定するといくら利用しても支払い日に支払うのは2万円になります。
ただし支払いを保留している分には金利手数料がかかりますし、金額が大きくなれば手数料も膨らんでいきます。
また、支払いが済んでいなくても次の商品購入ができるため気付かないうちに使いすぎてトラブルに発展することも少なくありません。
最も注意すべき支払い方法と言えます。