親が自己破産をしている未成年のクレジットカードの審査

未成年の学生がクレジットカードを作る場合は親権者の同意が必要となります。親権者は両親、もしくは離婚している場合は母親か父親というケースがほとんどです。結論から言うと親権者が自己破産している場合、

 

 

クレジットカードを作成できない可能性は高いと言えます。


未成年の学生に親の同意が必要な理由は収入が無く扶養されている学生が多いので、使い過ぎて払えない場合等は親が責任を取る意味を込め同意を求めているのです。ですから、自己破産しているとその責任が取れない恐れがあります。

 

未成年の場合は本人の信用調査というより、親の信用調査といった意味合いになるので信用度は低くなってしまいます。そのため審査に落ちる可能性が高くなってしまうのです。とはいえ

 

 

可能性は0ではない


ので申し込みをしないと100%とは言えませんが、審査に落ちてしまった場合は当分の間そのカードを作成することが出来なくなってしまいます。2年待って20歳になれば親の同意は不要でクレジットカードの申込みが可能になります。

 

その際の審査には親は関係なくなりますので、20歳以降に作成する方が賢明と言えるでしょう。クレジットカードを作成したい理由はどういったものでしょうか。

 

ネットショッピングではコンビニ払いも利用できますし、スマホでのショッピングなら利用料とまとめての支払いとなります。また現金を持ち歩きたくないならば、デビットカードであれば未成年でも親の同意なく作成できるので、口座にある範囲でクレジットカードのような使い方が可能です。