キャッシングをカードローンと比べる

クレジットカードのキャッシングとカードローンを利用しての借入を混同する人も多いですが、この二つには明確な違いがありますし、それぞれのメリットやデメリットを知ることが重要だと言えます。

 

まずクレジットカードのキャッシングのメリットは、カードローンのように新たにカードを作る必要が無くクレジットカードの利用と一緒に銀行から引き落としされるため、どれだけ使用したのかを把握することも簡単ですしクレジットカード機能の一部ですので利用に関しても安心感があります。

 

デメリットとしてはカードローンとはちがい利用したキャッシングは原則翌月一括で支払う必要があるため、毎月決められた額だけ支払えばよいカードローンと比べると利便性に劣る部分があります。

 

利息に関しても18%に固定されている場合がほとんどで、しかも日割り計算ではなく月割り計算での計算となるため、利用した場合には必ずひと月分の利息が発生することになります。

 

カードローンのキャッシングのメリットは契約が簡単で即日融資なども可能ですし、消費者金融や銀行といったように様々なカードローンを選択することも可能です。

 

利息も銀行の場合は金利が低いため、クレジットカードのキャッシングに比べると無駄な利息を抑えることも出来ますし、日割り計算なので借りた場合も早く返済すればさらに利息を少なくできます。

 

デメリットとしては新たにカードを申し込む必要がありますし、場合によってはカードローンの利用が出来ないと言うケースも考えられますので、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠と比べると利用できない可能性がある点は大きなデメリットになります。

 

もちろんどちらにも得手不得手と言うものが有りますので、クレジットカードのキャッシングは継続的にお金を借りる必要が無くたまにお金が必要になることがある人向けで、カードローンは継続的にお金を借りることがあり、出来るだけ返済も楽に行いたい、今日すぐにお金を融資してほしいといった人に向いていると言えます。