学生向けのクレジットカードで限度額を高めるには?

学生がクレジットカードを利用するにあたり、気をつけなければならないポイントといえるのが「限度額」です。

 

学生向けのクレジットカードは、学生本人ではなく保護者の収入が審査の基本となる関係から利用可能な限度額については少ない金額で設定されている場合がほとんどです。

 

具体的には10万円前後という金額が学生専用クレジットカードで利用できる限度額となっていますが、この金額について多いか少ないか、ということにおいては判断が分かれるところでしょう。

 

クレジットカード会社からすれば、できるだけ支払におけるリスクを軽減したいという側面もあるため学生向けのクレジットカードでは利用可能な限度額を少なく設定していると考えることもできます。

 

ではこの利用限度額についてですが、アップをすることは可能なのでしょうか。

 

一般的なクレジットカードの場合、限度額を高めるためにはそれに見合った信用度についても高める必要があります。

 

つまり、高い限度額を設定しても支払をしてもらえると判断されれば限度額についても高く設定される可能性があるというわけです。

 

基本的には学生向けのクレジットカードでもこれと同じことがいえます。

 

まずは「支払において延滞がないこと」が最も基本的な条件となっており、一度でも延滞という「実績」がある場合には限度額の増額を申請しても通らない可能性が高くなります。

 

そのうえで次に注意したいのが「利用実績」です。

 

クレジットカードの支払という実績を作るためには、ある程度コンスタントなカードの利用が不可欠なものとなっています。

 

現在の利用限度額では少ないということなので、限度額を高めるためには少なくとも毎月はクレジットカードを利用するといった実績を積み上げる必要があります。

 

ちなみに、限度額がアップされた場合でもその金額は30万円前後が一般的な金額となっています。

 

このあたりは学生向けのクレジットカードのため、信用度が高い人であってもあまり高額の限度額は設定できないといえるでしょう。