お屠蘇は地元のお酒で決まり

地元で有名な酒井酒造のお酒

山口県出身なので、いつもお正月に飲むお屠蘇は五橋というお酒を飲みます。酒井酒造のお酒で、地元では有名です。そして我が家のしきたりでは、お嫁に出ていても基本的にお正月に帰省をしてみんなでお屠蘇を飲むというのが恒例です。

 

 

そして我が家では妹婿がこの五橋を持ってくるのが習わしです。


もともと私の父と、妹婿はお酒好きが興じて、仲良くなって、盆正月にはいつも二人で酔っ払うのが常です。その際のつまみはたらの干物です。それも妹婿がいつも持参します。もともと海育ちの妹婿ですから、どこのものが美味しいかわかるそうなんです。

 

そのために魚やつまみは妹婿というのが我が家の常識。普通、妹婿の立場ってちょっと複雑で

 

 

遠慮をしてばっかりの婿さんや馴染めない婿さんも多いと言います。


しかし妹婿さんは、お酒と肴でうまく我が家になじんできました。これも一つの才能ですよね、そしてみんなで囲むお屠蘇、これは格別です。これからまた一年頑張ろうという気持ちにさせてくれます。