学生専用クレジットカードの審査基準

学生専用のクレジットカードは、本人に収入がなくても発行してもらうことができるという特徴をもっています。

 

とはいえ、学生専用のクレジットカードの場合であっても、クレジットカードの一種である以上は「審査」を受ける必要があります。

 

本人に収入がない場合でも発行できるクレジットカードですが、この場合は何を審査基準として判断しているのでしょうか。

 

まず、クレジットカードが発行可能かどうかということについては「本人の返済能力」による点が重視されます。

 

ショッピングなどで利用した場合に、その分のお金を支払うことができるかどうかという点がクレジットカードでは大きく関係してくるのですが、学生専用のカードの場合は本人に収入がなくても申し込むことができます。

 

この場合、確認されるのは申し込んだ学生本人ではなく、その保護者の支払能力ということになります。

 

そのため、保護者の人が既に多額の融資を受けている状態だったり、あるいは支払能力に難ありと判断された場合には学生専用のクレジットカードといえども発行されない可能性があります。

 

また、申し込んできた本人の過去の経歴についても当然ながら審査対象となります。

 

たとえば本人名義の携帯電話を持っている場合などはその支払履歴についても確認が行われることになり、その結果滞納などをした経歴があった場合にはやはり審査では良い評価をされないということが考えられます。

 

もともと学生専用クレジットカードは収入がない学生にカードを発行することを目的としたものとなっています。

 

そのため、クレジットカードを利用できる限度額についても低めの設定となっており、審査についてもよほどのことが無い限りは通らない、ということはないようです。

 

かといって誰でも無条件に審査に通るかといえば決してそのようなこともありません。

 

あくまでもクレジットカードの一種であること、発行してもらうためには審査に通る必要があることを改めて理解しておきましょう。