クレジットカードを作ることができるのは何歳から?

学生専用クレジットカードは、その名の通り学生がもつことを対象としたカードです。

 

もともとクレジットカードは18歳以上であれば持つことができるものとなっています。

 

ただし高校生はクレジットカードを持つことができませんので、高校生以外の学生が申し込むことができます。

 

日本の法律では16歳以上であればアルバイトなどで収入を得ることができますが、仮に毎月アルバイトで安定した収入を得ていたとしても、18歳未満の場合はクレジットカードを持つことができません。

 

クレジットカードを持つということは、社会的な責任を負うということですので、法律的な成人とは20歳となっていますが18歳であれば概ね社会的責任を負うことができるだろうとの判断です。

 

そもそもクレジットカードはショッピングなどの買い物の支払いをすることが主な目的となっており、返済能力がない状態では作ることができません。

 

そのため、クレジットカードを作るためには本来であれば「安定した収入」を得ていることが条件となっているのですが、学生専用カードであれば収入を得ていなくても発行してもらうことができます。

 

ただし、クレジットカードは18歳以上であれば発行することができるものの、未成年者の場合は親権者の同意が必要となります。

 

これは契約行為というものが未成年者だけでは不可能という理由からですが、逆にいえば親権者の同意を得ることができれば18歳以上の未成年者でもカードを持つことができるというわけです。

 

また、学生がカードを持つための方法として「家族カード」という方法もあります。

 

これは親権者のもっているクレジットカードに付帯するサービスのひとつであり、支払いそのものは親権者の「親カード」に依存しますが、用意されている特典などは「親カード」とほぼ同等のものが受けられるようになっています。

 

20歳になるまではこうした家族カードを利用し、20歳以上は学生専用カードを発行する、といった方法も良いでしょう。