学生専用クレジットカードで支払いが延滞した時は

学生を対象とした学生専用クレジットカードといえども、「クレジットカード」と名のつくものである以上は利用した分については支払う必要があります。

 

そのため、クレジットカードの利用分については滞納しないように支払わなければならないところですが、ここでもしも延滞してしまうとどうなるのでしょうか。

 

この場合、まずはその後の対応が重要となります。

 

カードの利用分で滞納があったことが確認できたら、やるべきことはすぐにカード会社に連絡をして支払いを済ませることです。

 

クレジットカードの支払いが滞納するという状況にも様々なものがあります。

 

中には本当にうっかり残高不足になってしまうといったケースも考えられることから、カード会社としても滞納があったからといっていきなり悪質なケースと判断する、といったことはありません。

 

また、支払いに滞納があるとクレジットカードが使えなくなることがありますが、これについても連絡をしてすぐに支払いを済ませれば再び使えるようになるまでにはそれほど時間はかからないでしょう。

 

クレジットカードの滞納があると次に心配なのが個人信用情報機関に登録される延滞情報です。

 

この個人信用情報期間には、クレジットカードの利用履歴をはじめ、携帯電話の支払い履歴やカードローンの返済状況なども登録されています。

 

クレジットカードの支払いに滞納があると、その情報も登録されることになりますが、すぐに支払いを完了すればここについてもそれほど大きな問題にはならないと思われます。

 

個人信用情報機関に登録された情報は、その後のローンの利用や新たにクレジットカードを発行する場合などの際に審査材料として利用されますが、すぐに対処をしておけば延滞があったとしても特に影響はないでしょう。

 

とはいえ、それでも滞納を繰り返す等悪質なケースと判断されてしまうと、その後のカードの利用はもちろんのこと、ローンの利用やクレジットカードの発行にも影響が出てきますので注意が必要です。