学生専用クレジットカードの支払い方法における問題点

学生専用クレジットカードには様々なメリットや特典が用意されていますが、その反面デメリットとなる部分も少なからずあります。

 

デメリットの中でも特に代表的なものといえるのが利用限度額が少ないという点です。

 

程度の差こそあれ学生専用クレジットカードの場合、限度額として設定されている金額は最大で10万円程度となっており、このことからも学生がこのクレジットカードを利用してそれほど高額の買い物はできないということがわかります。

 

ここで注意したいのが、安易に分割払いやリボ払いを利用して買い物をしない、という点です。

 

利用可能な限度額が少ない学生専用クレジットカードだけに、高額の商品を購入するためにリボ払いや分割払いを選ぶという人も少なくありませんが、これはその後のカードの利用に大きな影響を及ぼすことになりますので注意しましょう。

 

リボ払いの特徴とは、あらかじめ設定した一定の金額を支払うという点にあります。

 

たとえば毎月3万円をリボ払いの金額として設定しておくと、どれだけカードを使っても毎月の支払額は3万円のみ、というのがリボ払いの一般的な考え方です。

 

たとえば20万円の商品を購入した場合であっても翌月に支払う必要があるのはリボ払いで設定した金額だけであり、毎月の負担が大きくなることはありません。

 

ただし、クレジットカードのリボ払いの場合この中には元金充当額に加えてカード会社に支払う手数料も含まれています。

 

そのため、あまり長期にわたってリボ払いを続けているとなかなか支払いが終わらずに手数料もどんどん増えていくといったことになりかねません。

 

上手に活用すれば毎月の支払額の負担を少なくすることができるのもリボ払いの特徴ではありますが、この方法に慣れてしまうと金銭感覚が麻痺してしまい、カードの使いすぎといった危険性にもつながります。

 

限度額の少ない学生専用クレジットカードなので、支払い方法や利用額については十分注意しておきたいところです。