ショッピングプロテクトとは?

クレジットカードには様々な保険が付帯するものがあります。
ショッピングプロテクトもその中の一つです。
ショッピング保険と言った方が伝わりやすいでしょうか。
ショッピングプロテクトではクレジットカードで買い物をした電化製品などが壊れたり盗難されたりした場合に補償されるのです。
現金で購入した場合にも別途保険に入ったり製品自体に補償があれば同様の対応をしてもらえます。
しかしクレジットカードではそうした手続きをしなくても自動で補償が受けられるわけです。
■補償範囲と条件もちろんクレジットカードを利用すれば無条件で補償してもらえるという事はありません。
重大な過失があった場合や故意に壊した場合などは対象外となります。
カード会社としても無制限に補償するわけにはいかないですから当然と言えます。
また、補償してもらえる期限にも制限があります。
基本的には商品の購入から90日以内であることが条件になりま。
カードによっては日数が異なる場合がありますが、ほとんどの場合で90日になっていると思われます。
更に商品の性質によって保険の適応外となる商品がありますので以下に記載します。
・動物や植物・食料品・美術品・コンタクトレンズ、メガネ、義手、義足など・金券や商品券、航空券など・自動車や船舶など基本的には通常の買い物でも返品が難しい商品が殆どです。
逆にいうとこれらに該当しない商品はクレジットカードで購入した方が安心と言えます。
上に記載した商品以外であればクレジットカードのショッピングプロテクトによって補償されるのですが、状況によっては期間内であっても補償されない事があります。

具体的には以下のような状況では補償されません。
・配送中の破損配送業者の責任になるためクレジットカードの会社では補償しません。
配送業者とのやり取りを行うことになります。
・自然災害による破損自然災害はどうにもなりません。
家財保険などの別の保険でカバーする事が必要になります。
・詐欺による被害詐欺を証明する事がとても難しく現実的ではありません。
またこれを認めるとカード会社自体が詐欺に狙われる可能性すら出てきてしまうため対応してくれることはまずないでしょう。
・自らに重大な過失がある場合わざと壊したり単純にどこかに置き忘れしたなんてケースを全て補償はできません。
自己責任で管理するようにしましょう。
このように条件は様々ありますが、条件込みで考えても洋服や身につけるアクセサリー、電化製品といったように様々なものに補償があるとう状況はお得です。
ショッピングプロテクトの付帯したクレジットカードは積極的に使って行くと良いでしょう。